あなたのクリックが助けになります

段違い!クラウンの車検費用は税金と諸費用で差が付く

あなたのクリックが助けになります

料金で維持費が数万円違う?

クラウン車検費用安い比較
トヨタ総費用総額いくら

新型クラウンは14代目で210系へと進化した。新車価格はいくらだか知っているだろうか?

安い部類のアスリートでさえ380万円から610万円という値段だ。新車購入経験があるなら分かるだろうが、車両本体価格に車検代や税金に手数料で50万円ほどの金額が上乗せされてくる。これから車検を受けに行くなら金額がどのように変わるか知っておこう。

車検は3年おきに更新して証明書をもらってくる。ユーザー車検で自費で受けに行く方法もあるが、料金が割安になるとは限らないし不合格になって再試験を受ける場合もあるのだ。

車検代を気にするなら安くなるものと固定額になっているものを理解しよう。

車検代内訳

重量税自賠責費用
いくら安くする方法クラウン

◆車検代目安
5万円~20万円
修理メニューしだい
安いところは点検もかんたん

トヨタ車か日産車かに関係なく、費用の内訳は決まってくる。

①重量税②自賠責保険料③諸費用④修理費だ。

クラウンは高級セダンで耐久性があり10年以上は乗れると言われるくらい評価の高い車種だ。ただ車検を受けた時に、駆動系やエンジン関係での部品交換で費用が思いのほか高くなることもある。法定費用は車種ごとの本体重量と減税で料金が固定される。

車両重量税

格安比較車検代クラウンHV

重量税は乗用車の場合なら車両本体の重量に応じて税額が決まってくる法定費用だった。ただここ最近エコカー(ハイブリッドや電気自動車)の登場で税制が変化して、エコカー減税や自動車グリーン税制という制度も誕生した。こうした制度は対象車が限られる上に、平成22年からの数年と決まっていたり登録年数で減税効果が違うのだ。

新型クラウンの場合はハイブリッド車がエコカー減税の対象になる。中古車で買う場合やすでに登録済みの車両では減税が受けられないことがほとんどのため、今までどおり重量に応じた金額を支払うことになる。仮にエコカー減税対象車を中古車として購入しても期間をすぎてしまっているため減税はされないこともあるのだ。

◆新型210系エコカー減税対象車種
クラウンアスリート⇒ハイブリッドのみ
クラウンマジェスタ⇒全グレード
クラウンロイヤル⇒ハイブリッドのみ

自賠責保険料

ロイヤルアスリート節約方法

自賠責保険は強制保険なので支払い義務が出る。愛車の車種と重量で支払額が変わってくる。クラウンであればほとんどの車両が「大型自動車1.5t~2.0t以下」に分類されるので、セダンとしてはやや割高になってくるだろう。軽自動車が最安値で、普通乗用車なら500kg刻みで税額が変わってくる。

値引き交渉をしても値下げはされないので他のところで価格は決まる。

検査料

検査料手数料諸費用

車検料金で最も差が付くのがここだ。トヨタディーラーやU-CAR店などでは検査料金が高くなりやすい。

自動車は上部にできているが近年リコール騒動もあり、電気系の部品なども故障しやすくなっている。慎重に見てもらいたいなら検査料の高い車検センターやディーラーで検査を受けてもらおう。

反対にガソリンスタンドや立会い車検などでは料金が安くて時間もかからず即日で終わることもあるので使い分けたい。

諸費用・手数料

印紙代として約1000円の料金が必要になる。その他の費用というのが持ち込む業者によって料金制度が違ってくる部分だ。一般的に見て整備や点検が細かいところは割高になるし、二級整備士か資格を持っていない会社なら激安で手数料0円という所もある。整備士に対して支払われる金額とも考えられるので、予算に応じて決めていこう。

車検料金の見積もり

ネットで探す車検場

車検は自動車ディーラーに任せてしまっていないだろうか?これは維持費節約という面では大きなマイナスなのだ。その理由は手数料や値引きの違いだ。

自動車ディーラーは過剰に点検整備でお金をかけるのが当たり前になっている。資格のある整備士がいてもその分だけ時間はかかるし不必要なパーツ交換でお金をかけられることもある。

見積もりはただ価格比較をするだけではない。店舗を探してサービス内容を確認することもできるし、すぐに見積もり問い合わせをして最速数日以内にでも車検証交付にこぎつけられる。実は店舗によってはサービス内容が違うのだ。

◆一日車検
 通勤に使用していたり、旅行予定があるなら代車不要の一日車検を受けよう。基準に適合すれば後日正式に車検証が交付されるので通勤で手放せないならこのサービスのある会社がおすすめだ。

◆出張車検
 自宅で点検作業を行って終了する業者もいれば、車検センターに持ち込んでチェック作業を行なう業者もいる。東京近郊や関西の大阪中心などサービスエリアが決まっていたり対応も料金も異なる。

◆立会い車検
 かんたんな点検作業で車検が終わるもので、立会い車検の専門業者もいる。料金は割安になるので交換や修理に費用をかけたくない人におすすめだ。

◆代車手配
 マイカーを預けている間に代わりとなる乗用車を提供してもらえるサービスだ。自動車が毎日の足代わりなら、車検期間中だけ代車で走行して返還すれば日常生活に支障がない。

車検証を受けるだけではなく、これらのサービス内容や料金を比較するのが一括見積もりのメリットだ。どこの会社が住所がどこでサービス内容や整備士の有無などを比較できる。

店舗探し申し込みして電話連絡!

おすすめ車検見積もりサイト

ranking-free-sozai1
ランキング1位
自分で選べる
カーセンサーの車検費用一括見積もり
カーセンサー.netは大手リクルートグループ運営の自動車情報サイト!日本全国の車検センター・ガソリンスタンド・指定工場・車検代行業者の中から一括で無料見積もりができる。電話番号は公開されないので何度でも比較検索が可能!そのままセンターに申し込みができるので、車検切れが迫ってきたら利用すべきだろう。価格比較がしやすく店舗の情報も分かるため、その後の連絡や交渉でもスムーズに行なえる。激安店からメーカー系の整備工場まで幅広く検索可能!日産自動車や地元の整備工場など信頼性で選ぶこともできる!

ranking-free-sozai1
ランキング2位
出張で自宅OK
Goo車検
雑誌やgoo.netでおなじみの無料車検見積もりサービス。自宅に近くて最適な車検場手配してもらおう。

ranking-free-sozai1
ランキング3位
安さが光る
ホリデー車検
ホリデー車検の専用工場が探せる。 「はじめてくん」「まかせてくん」は初心者や一般オーナーにおすすめのサービスです。早さ、安さでは定評があり、一部で人気があるぞ!

あなたのクリックが助けになります